ellipses

お客様のデータは安全です

Stapleは、お客様情報の安全性を確保します。ISO27001認証、電子決済等代行業として堅牢なセキュリティを実現します。2要素認証、カード盗難/紛失時のリモートロックも標準装備です。

handling_data
data_protection

従業員の不正を未然に防ぐため、Stapleができること

経費の不正利用は会社の業績にもダメージを与えてしまいます。数ある資産の不正利用の中でも、経費精算のスキームは、ミスや欺瞞の影響を最も受けやすい一つです。不正は様々な方法で発生する可能性があります。

  • mischaracterised

    経費の誤記

  • overstate

    費用の過大計上

  • fictitious

    架空経費

  • multiReimburse

    複数の払い戻し

経費利用時にStapleカード(法人プリペイドカード)を使えば、従業員による経費立替や経費精算業務そのものをなくすことができます。そして、それは不正利用の未然防止にも繋がります。

従業員のお金で経費立替

会社は正確な実費額を把握できない
領収書改ざんの恐れあり
検証方法がない
会社へのダメージが発覚
arrow_brush

Stapleカードで 経費払い

Stapleアプリ上にリアルタイムデータ詳細が反映
従業員は自分のお金を使っていない
払戻金は一切発生しない。経費精算の不備が無い。会社のお金が適切に管理される。
underline_brush
circle_stroke

守るのはお金だけではない。データも安全に管理。

staple-card-anti-fraud
  • 二要素認証 (2FA)

    二要素認証とは、認証の際に追加認証を挟むことで口座のセキュリティーを高め、あなた以外の人が口座にアクセスすること阻みます。たとえあなたのパスワードが盗まれたとしても、権限のないユーザーがデータにアクセスすることはできません。

  • 24時間監視

    StapleカードにはVISAブランドが付いています。不正行為の兆候があれば(支払い頻度、場所、時間帯などに基づいて)検出され、疑わしい行為があれば通知されますので、常に管理が可能です。

  • 隠し番号

    Stapleカードの下4桁のみがアプリケーションに表示されます。公共の場で作業をしているときに知らず知らずのうちにコピーされたり、悪意のある目的で使用されたりすることを防ぎます。

  • 3D-セキュア

    クレジットカード決済をより安全に。 VISA、Mastercard、JCB、AMEXが推奨する本人認証サービスです。

それでも従業員が自分のお金を使わなければならない場合は?

従業員が自分のお金を使わざるを得ない場合もあります(例えば、現金のみの支払いなど)。

このような場合には、明確で簡潔な経費精算ポリシーを作成することをお勧めします。

Stapleでの立替精算の仕組みをご覧ください →
buying_coffee

始めてみましょう

「その時間を、もっと楽しく」 - 30日間の無料体験を今すぐ試しましょう。